• トップ

矯正歯科で使う麻酔

矯正歯科で痛みを軽減する情報

矯正歯科の抜歯では麻酔を使う

矯正歯科で行う歯列矯正では、抜歯をした方が良いケースがよくあります。抜歯の際は、特別なアレルギーがない限り、一般的に麻酔が行われます。痛みを軽減するために歯科で使われる麻酔は局所麻酔と呼ばれるもので、キシロカインという麻酔薬が多く用いられています。どの麻酔薬を使うかは矯正歯科の判断に任されているため、事前にクリニックの評判や情報を調べておくと安心です。クリニックによっては、なるべく抜歯をせずに歯並びを矯正する場合もありますが、抜歯した方が矯正後に歯並びが元に戻る確率が少ないため、多くの矯正歯科が抜歯を行っています。抜歯後に麻酔が切れてくると、人によっては痛みが生じることもあります。通常、2、3日で痛みはなくなりますが、もし腫れてきた場合は、すぐにクリニックで診察を受けることが望ましいです。矯正歯科では様々なケースに対処してくれます。また歯列矯正は健康保険の適用外なので、前もって治療にかかる費用の情報を調べておくことが推奨されます。保険適用外の自費診療の場合は、それぞれの矯正歯科によって料金体系が異なります。従って治療を受ける前に情報収集を行い、自分に最も適したクリニックを選ぶようにすると良いです。

↑PAGE TOP